人工骨・人工関節とは

人工骨・人工関節とは、病気や怪我などで骨や関節の機能が低下したり、あるいは機能しなくなった場合に、その代替として使用される工業的に製作された骨や関節のことを指します。もともとこうした機能低下・機能不全などの状態を改善する手法はアメリカで開発されたと言われています。

そのため、日本国内で使用される多くの人工骨・人工関節は海外で製作されたもの、あるいは海外メーカー製のものが殆どですが、国内メーカーによる人工骨・人工関節の開発・承認においてもさかんになってきています。

なお、一口に人工骨・人工関節といってもその用途はさまざまです。たとえば、人工骨は大腿骨に使用するものが一般的ですが、この他にも また人工関節の代表的なものは人工股関節や人工膝関節がありますが、肩・肘などの関節にも人工関節が使用されることもあります。

人工関節の市場について

厚生労働省の平成23年度患者調査では、日本全国の関節症疾病総患者数は130万人であるとされ、
昨今の高齢者の増加に伴いこの数はますます増加していくと予想されます。

なお、関節症の治療に活用される人工関節については、市場のほとんどが
人工股関節・人工膝関節となっており、矢野経済研究所のデータによると、数量としてはおおよそ年率3.5%~4.0%程度の伸びとなっています。

特に日本については高齢化がますます進み人工関節の採用も進むと考えられるので、人工関節の重要性はさらに高まっていくとされています。

人工骨・人工関節に求められること

このように時代の変遷とともに重要性が増していく人口骨・人工関節は、その開発にあたっても今後は様々な方向性が考えられます。
使用する上での安全性や耐久性はもちろんですが、これ以上に世の中に広く普及させるためには
下記の2点が必要となります。

①安価に製造する
工業用の製品であれば、継続的なコストダウンは一般的な考え方です。その一方で医療機器である人工骨や人工関節についてもこれは当てはまります。つまり、安全性や耐久性などは確保するのはもちろんですが、これまでよりも安価に市場に提供することでより多くの患者に対して人工骨・人工関節を提供し機能を回復させる、といった使命があるからです。

②個人に合わせたカスタマイズ
さらに人工骨・人工関節については、今後はさらなるカスタマイズの要求に応えていく、
といったことが求められます。

体つきや個性が人それぞれ違うように、骨や関節についても人によって大きさ等が違うため、本来であれば「その人にぴったりと合った人工骨・人工関節」が必要になるのはお分かり頂けると思います。
しかし、現状では、人工骨・人工関節は工業的に生産されるために、人工骨・人工関節メーカーによって決められた規格寸法に基づいて製作されているため、いわば「人の体を人工骨・人工関節に合わせる」といった状況になっています。

こうした状況はある程度は仕方ない部分ではありますが、一般消費財についてもプロダクトアウト的な大量生産からマーケットイン・顧客志向の小ロット生産に移行してきた歴史から言うと、人工骨・人工関節についても同様の歴史を辿る可能性が高いと言えます。

このように、将来の人工骨・人工関節はコストダウン・価格低下とカスタマイズの両立を求められることになります。従って人工骨・人工関節を設計・製造するにあたっては小ロットで安くつくる技術がますます求められることになるのです。

<div class="top-contact">
<ul class="clearfix">

<li><a href="http://www.jinkoukotsuseizou.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/"><img src="http://www.jinkoukotsuseizou.com/wp-content/uploads/2015/04/bt_mail.png" alt="メールでのお問合せはこちら 人工骨製造.com 長井精機" /></a></li>
</ul>
</div>

Copyright© 人工骨・人工関節の切削に関することなら 人工骨製造.com 長井精機 Co., Ltd. All right reserved